現在の位置: ホームページ - 連絡 -

イントロダクション


イントロダクション
清山ホテルは蘇州高新商旅発展有限公司の傘下にある高級ホテルであり、日航ホテル管理集団と契約を結び、専門的な管理理念とモデルを導入し、蘇州の高級ホテル業界に新しい息吹をもたらした。
清山ホテルは「科学技術、山水、人文と創造」が集まる緑の智慧の城――蘇州科技城に位置し、国際的な高級ホテルである。科技城の山水をうまく利用し、自然の風景を維持する同時に、科技城のサービス設備を充実し、採石場の改造に新たな構想を申し立て、山、水、建築を一つに解け合わせ、採石場を利用する完璧な模範と見られる。
清山ホテルは南に太湖の幹線道路に面し、三面に山に囲まれ、彩石湖公園にそばに位置する。新区科技城の敷地面積は25平方キロメートル、北側は主に無煙工業区、中部は行政部門、商業地域と住宅、南部はソフトウェア産業園として計画する。新区管理委員会が既に科技城に移転し、この地域は将来新区の新しい行政中心地になる。科技城は5年をたて、高新区区役所を転入する計画と共に、開発に力を注ぎ続いている。公共施設が急速に建てられ、政府が既にインフラストラクチャー及び付設施設に百億元近くを投資した。現在、科技城の内にある幹線道路は太湖大通、環城高速道路、230省道;北環西沿高架の開通と共に、科技城と市区の快速通勤が実現した;全面的な合理的な計画、低密度な優雅な環境、完備な公共施設、便利で素速い交通のため、新区科技城は蘇州エリート達の人気住宅地になった。
会場
ホテルは1000㎡と450㎡の無柱式大型宴会場が二つあり、お客様の要求に基づいて配置し、最大1200人ぐらいの大型会議を承る。また、45㎡—200㎡大きさが違う会議室は七つがあり、300人ぐらいの会議を行われる。会議室は外国から輸入したBOSCHのオーディオ設備、オペークプロジェクター、360°の球形ビデオカメラ、同時通訳システムなどのハイテク設備を配備し、様々なお客様の要求を満すことができる。
2011年に第九回生物予防と治療及びバイオテクノロジー国際学術シンポジウム(ISBB 2011)が清山ホテルで行われた。2011年から2013年まで、毎年全国最高裁判所知的財産権会議は全て清山ホテルで開かれる。また2012年に2012年中国商業不動産発展トップフォーラム及び聯風雲会の接待を承った。
宿泊と娯楽施設
ホテルは四ルーム部屋(140㎡)が1室、三ルーム部屋(110㎡/室)が2室、ビジネス部屋(90㎡/室)が20室、豪華スイート(45㎡)が18室、豪華スーペリア(39㎡/间)が101室、豪華スタンダード(39㎡/间)が102室有している。高速WIF、日系バストイレ、青山美景を観賞できるフルシーンベランダが付く。お客様が楽に宿泊できるため、知能タイプのガイダンスシステムを提供している。チェクインしてから、直ちにクライアントのダウンロードを提供され、お客様はホテルのクライアントを利用して自分の部屋を探し、トラブルにあった時にフロントデスクに連絡するができ、ホテルスタッフと素早く交流できる。客室に持ち出す可能のモバイルホンを増設し、不時の必要に備える。
お客様がリラックスできるため、ホテルにはジム、KTV、麻雀室、SPAセンター、プール、美容室などの娯楽施設を提供している。
ダイニング
二つの宴会ホールは1000人の宴会が開かれる。二階のコーヒーレストランに、合計200席があり、オーペンキッチンとビジネス雰囲気に囲まれ、世界各国の料理を楽しめる。茗香閣中華レストランはホテルの二階にあり、風格が違う個室が9間、合計155席ある。蘇州と杭州料理をメインとし、地方の特色料理も兼ねる。中心に位置する龍井庁と碧螺庁は伝統的な鴛鴦式に基づき、中国伝統的な配置を結びつけ、現代の元素を入れてデザインされた。また、ホテルに提供している野菜と果物は全部清山農場に採ったものである。
ホテルの東区の所在地五龍山の宕口は、昔採石のため、周りの山に岩石が大量に露出し、緑がぱらぱらと現れ、真ん中が凹んており、鉱坑に水がたまって今の湖になった。ホテル東区はこの独特な風景に応じて、地勢を従って建てられた。山と湖の風景を収め、栽培園を建て、季節の変化に堪能できる;ここで宴会を開き、四方八方のお客様が集まり、非常に楽しいだろう。東区は広州料理がメインである。
ホテルの北区は蘇州古典園林風でデザインされ、白い壁と黒い屋根瓦、亭台楼閣、小さい橋と静かに流れている小川、配置の変化が多く、人的な美と自然な美を溶け合わせ、巧みな技術が自然のものに勝るほどすばらしい景色が一度に鑑賞しきれない。北区は蘇州料理がメインである。
少し離れている貢山島もホテルの一部である。貢山島は太湖東北部分にある島で、大、小貢山を含め、西南に万仏塔に面し、景色がとても綺麗で、天靈風景区の重要な一部分である。島の上に、島で栽培され、養殖される有機的な食材で作った独特な農家料理が提供されている。
観光スポット
1.太湖国家湿地公園AAAAA(ホテルから車で15分以内)
天然湿地として、元々太湖の流れが湾曲した所であり、アシの生い茂った水辺に、大小の魚と海老の群れが浮遊しており、シラサギが空に飛び、カエルがゲロゲロゲロと鳴いている。優秀な人材が集まり、物産が豊富で、春秋時代の呉国の王がよくここに来て遊ぶため、「遊湖」と名付けられた。2007年6月、蘇州太湖湿地公園は江蘇省林業局に省級湿地公園を命名され、2010年に正式に開園した。
2、漁洋山――太湖第一美景(ホテルから車で30分以内)
漁洋山は蘇州太湖国家旅行レジャーランドの中心に位置し、敷地面積は300余ム、三面に湖に囲まれ、形がオオウミガメの頭に似て、東に胥口古鎮と隣接し、北に光福風景区があり、南に東洞庭山を眺められ、西に太湖大橋を通して西洞庭山とつながる。漁洋山は蘇州太湖国家旅行レジャーランドの重点的に開発する風景区である。
3、白馬谷川生態園(ホテルから車で20分ぐらい)
白馬谷川生態園は蘇州高新区楓橋街道西部に位置し、蘇州西部旅行に欠かさない観光スポットで、7平方キロメートルを占め、高新区「緑肺」と言われる。都市から16キロメートル離れ、良い立地で、交通が便利で、経済が発展しておる。北京土人景観設計院にデザインされ、高標準、高起点、ハーモニーの理念で六つのセクションに分けられた(風景区が四つとレジャー区が二つ)。自然生態と文化特色を際立たせ、蘇州市にある自然生態レジャーランドを造りたいと考えている。
4、蘇州拙政園AAAAA(ホテルから車で30分ぐらい)
拙政園は明正徳初年(16世紀初)に築造され、今まで(2014年)500年の歴史を持ち、江南古典園林の体表作という。1961年に全国の重要文化財保護指定を受けており、北京の頤和園、承徳の避暑山荘、蘇州の留園と並んで、中国の四大名園と称されている。1991年に国家計委、旅行局、建設部に国家級特殊観覧参観スポットとして取り入れられた。1997年に国連教育科学文化機関に『世界文化遺産に指定されて』に指定された。2007年に国家旅行局に第一回AAAAA級風景区に認定された。
拙政園は古城蘇州市東北隅(東北街通り178号)に位置し、敷地面積は78ム(約5.2ヘクタール)で、2014年まで蘇州現存する最大な古典園林と認められる。水の中心として、山と水、花と樹、精巧で美しい建物と溶け合わせ、濃厚な江南水郷の雰囲気が感じる。園内は東園、中園、西園の三つに大きく分けられ、東庭園は広々としており、中庭園は拙政園の精華が集まっており、西庭園はで美しい建物が配されており、どちらでも独特な風景がある。庭園の南は住宅地であり、庭が多いという江南住宅の得点が見られる。近くの蘇州園林博物館は国内唯一な園林テーマの専門博物館である。
5、虎丘山風景区AAAAA(ホテルから車で20分ぐらい)
蘇州虎丘山風景区は既に二千五百年の歴史を持ち、「呉中第一山」としてたたえられている。宋代の大文豪蘇東坡が虎丘を評し、「到蘇州不遊虎丘者、乃憾事也(蘇州に行ったのに虎丘を見に行かないのは、まさに心残りである)」と言ったため、虎丘は旅行者達が見逃さない名所になり、歴史名城蘇州の標識になった。現在蘇州虎丘山風景区は国家AAAAA級風景区、国家重点公園、全国文明単位であり、毎年中外からの旅行者を200万人を接待する。
アクセス 
1、上海浦東空港まで160キロメートル(ホテルから車で約2時間30分)
2、上海虹橋空港まで100キロメートル(ホテルから車で約1時間10分
3、蘇州環城高速道路まで2キロメートル(ホテルから車で約3分)
4、无錫碩放空港まで35キロメートル(ホテルから車で40分)
5、蘇州駅まで4キロメートル(ホテルから車で20分)
6、蘇州北駅まで15キロメートル(ホテルから車で45分)
7、会場(国家知的所有権局特許局特許う審査協力江蘇中心) まで2キロメートル(ホテルから車で約3分)