現在の位置: ホームページ - 蘇州案内 -

蘇州案内

蘇州、古称呉、略称蘇と姑蘇、平江など、中国華東地区の大都市のひとつで、江蘇省東南部、長江の南、太湖東岸、長江デルタ中部。
蘇州は、その独特な景観と呼ばれて「中国庭園の城”、“がもとからあって世の中の天国」、「東方ベニス」、「東方水城”の名誉。蘇州の庭園は中国自家の庭園の代表、ユネスコの世界遺産に登録され。
蘇州は歴史は悠久で、中国の第1陣の24基の歴史文化都市の1つで、吴文化の発祥の地、歴史上の長期は江南地域の政治、経済、文化の中心で。蘇州城の始まりは紀元前514年を経て、歴史考証顧頡剛さんは蘇州城を中国は現存の古い都市の一つ。

 
蘇州の文化:
講談(民間芸能の一、歴史物語地方の方言で語ること)は通常一人で演じ、内容は光り輝く矛と装備した馬の歴史演義と一度叱咤すれば風雲も震える仁侠豪傑とすることが多い。弾詞は普段二人で語ったり歌ったりし、一人は三味線を持ち、もう一人は琵琶を抱き、弾きながら歌い、内容は綿々とした愛情におぼれる長い伝奇小説と民間物語が多い。両者ともきめ細かく内容を演じることが得意で、弁舌がさわやかの呉儂軟語で聞く者を魅了する;少し笑い物をはさみ、優れた趣があふれている。弾詞は呉音で歌い、抑揚がありめりはりが利いており、軽くて柔らかくて、三味線と琵琶の音は玉器のようなはっきりと響き、耳に快い。歴代芸能人の創造によって、沢山の流派ができ、風格はそれぞれ異なっている。この40余年に、講談は古いものを取り除きよいものを吸収して新しく発展し、伝統的な内容を整理し、現実生活を反応する新しいネタも続々と大量に出現し、中篇と短編などの新しい演出形式も良く整えた。
演出方式
蘇州評弾(蘇州評書と弾詞)は歌うことも話すこともあり、演出方式が大体3種類に分けており、一人の単档、二人の双档、三人の三档という。芸能人は全部自分で弾きながら歌い、小さい三味線と琵琶で伴奏する。音楽の節は板式変化体として、主なメロディーは内容と風格が違った〔書調〕を歌うことができ、同時に〔費伽調〕、〔乱鶏啼〕などのような多くの曲牌と民間歌謡を参考した。〔書調〕は各流派の歌い方の基礎であり、様々な芸能人で歌う。

蘇州の足跡:
蘇州園林は中国十大名所の一つである。早くも春秋時代に、館娃宮等を始め、東晋時代に顧辟彊が造った辟彊園は江南に存在する最も古い個人庭園という。五代の時代に、銭元軒は蘇州に「好治園林」、南園(廃棄した)及び現在の滄浪亭を建て始めた。北宋の時代に、宋徽宗は珍しい花や異石が好きで、蘇州から大量にとって京へ運んだ。蘇州園林は長い封建社会の歴史に、盛衰を交替する。清の末期に記載された庭園は270余所に対し、現在残されたのは六十九所だけである。蘇州園林は蘇州の庭園を意味するだけではなく、江南私家園林の総称になっている。そのうち、宋代の滄浪亭、元代の獅子林、明代の拙政園、清代の留園を合わせて蘇州四大名園という。

美食と軽食:
蘇州は東部の飲食文化の中心であり、三大飲食文化の一つ(京式、蘇式、広式)――蘇式飲食文化の発祥地である。
有名な蘇式看板料理は:桂魚のリス形丸揚げ甘酢あんかけ、响油鳝糊、竹の子の塩漬け、蟹風アキレス腱の煮込み、川えびのあんかけ、天下一品、スイカ鳥、氽糟、鳥の丸焼き、太湖ジュンサイスープ、雪蟹、桜桃肉、醤汁肉、魚の薫製、ホルモンスープ、三件子、ハニーハム、蘇州鍋、ナツメこしあんケーキなど。


蘇州軽食も有名である:焼き小籠包、津津干し豆腐、バラちまき糖、スイカの種、エビ卵と鯗、ナツメのこしあんパンケーキ、方餻、定勝餻、梅餻、ラード餅など。

蘇州のグルメエリア:宦官弄、十全街、学士街、李公堰、鳳凰街など。碧鳳坊、李公堰は中国飲食文化の名所である。